誠実さのブランドが成功する戦略の例

少し前に、僕はある恋愛攻略のサイトを参考にしておりました。そのサイトは、とにかく「このようにやったら女性をデートに誘いやすい」というものや逆に「男性の心理はこのようなものだ」といったことが書かれておりました。おそらく、最初はそこに戦略もなく、ただ自分の経験をもとに誰かの役に立とうと思っていただけなのでしょう。しかし、数年後そのサイトを見たら、そこがなんと本を出版しておりました。どうやら、その人の名前は既にブランドになっていたらしく、あっという間に10万部ほど売るほどの大ヒットになりました。このように、最初は単純に「誰かのために」行っていた行為がいつしか信用につながり、それをブランドとして成功を収める例もあります。ですので、やはり最初は無理に利益を求めるのではなく、まずは確実に「自分のファン」を作れるような戦略が大事なのだなと思いました。

ブランドは戦略によって成功する例

ブランドは、新しいものを打ち出すときに、その戦略というのを考えてだすと思います。今までにないようなデザインであったり、この年代層、客層のここのところをつかまえるという風に、そういう考えで作っていくほうが成功すると思います。例にすると、今フェミニンな服で、結構値段も安めに設定されているところがそうですね。起用したタレントのイメージもよく、買いやすいというので、多くの女性が足を運んでいます。セールというのも頻繁にしているので、こういうのは女性は嬉しいところです。定価でもそんなに高いものではないです。でも、さらにお安くなって、このタレントさんと同じものを着るというのが、センスのいい証になるような、売り方っていうのはうまいなって思います。親子で着ることもできるっていうのも購買につながるようなきがします。

ブランド戦略の成功例

最近のファッションブランドの売り出し方は、かなり巧妙になってきているといえます。その一例として挙げられるのが本です。まず、ブランドを売り出すためにカタログを出すこと自体が、ここ10年くらいで流行り出した手法です。それまでは、一部の通販ブランド以外は、基本的にはファッション誌に掲載する程度のブランド戦略しか取っていませんでした。しかし、最近ではひとつのブランドがいくつもの本を出版して、読者に自社ブランドをおススメすることで成功を収めています。さらには、その本におまけをつけることも珍しくなくなってきました。特に書店やコンビニにおいては、ファッションアイテムを置くようなスペースはないため、小物やバッグなどをブックのおまけとしてつけてあげることで、自社ブランドのよさをPRするという方法を取っているのです。